太っている人はコレステロール値が高い傾向にあります。

 

痩せてるのにコレステロールが高いケース

 

カロリーの高いものを好んでいたり、運動の習慣がなかったりすると肥満になりやすいですし、またコレステロールを摂取しやすい傾向にあります。しかし、その逆は成り立たないこともあります。やせていても値が高い人もいるのです。肥満とはある程度の関係があるようですが、直接的な関係ではありません。

 

最近ではやせていてもコレステロール値の高い人が増えているそうです。その理由は分かりやすくて、カロリーが抑えられていたとしても動物性由来の栄養ばかりとっていることが原因だと考えられます。カロリーが抑えられていればそれを消費しやすいですから、肥満は回避できるようですが、動物性由来の栄養ばかりとっていると、コレステロールの摂取量が多くなり、それによって値が高くなってしまう可能性があるのです。ですから、メタボと診断されていなくても意識しておく必要はあります。

 

コレステロールそのものは全くどうしようもないくらい悪い物質だというわけではありません。ホルモンを合成するときの材料になることもありますし、細胞を強くする働きもあるそうですから、少量は必要だと言えるでしょう。血液中に全くないという状態は、逆に不健康だと考えられます。しかし、増えすぎると大きな問題を引き起こす可能性があります。例えば、血栓の原因になる可能性もありますし。過剰に摂取をするのは危険だと考えておいた方が良いです。

 

ですから、まず動物性の食べ物を控えることは大事なことです。動物由来のものばかりではなくて、野菜も積極的に食べるようにします。このときに、動物性由来の栄養を一切食べないないという極端な方法に頼らないようにしましょう。バランス良く摂取することを心がけた方が良いです。また、コレステロールは肝臓で処理されますから、肝臓の健康にも配慮しましょう。例えば飲酒をしすぎないことや、肝臓によい食品を摂取するなどの配慮が必要です。

>>高脂血症(脂質異常症)の方に人気のサプリメント特集はこちら