タマネギの成分

 

タマネギはコレステロール値を減らしてくれる?

 

一般的に「コレステロール」というと、摂りすぎてはいけない・極力減らさなくては、と悪いイメージが付きまとっているように思います。
しかし必ずしもそれが悪いものということはないのです。

 

コレステロールは、体内で細胞膜を作ったり、栄養分の分解を行ったりと体にとって必要なものなのです。少なすぎても体に異常をきたすことがあります。

 

コレステロールには善玉コレステロール(HDL)と悪玉コレステロール(LDL)と二種類あります。
いわゆる悪玉の方がコレステロールを体内に吸収する役割をしてりうのですが、あまり摂りすぎると血管に溜まって、動脈硬化を引き起こす原因になりうるのです。中性脂肪が触れることで悪玉も増えてしまいます。
対する善玉の方は体内に蓄積された悪玉を排出させる役割を担っています。

 

現代の食生活では、どうしても悪玉の方が溜まりがちになってしまっています。
そこで無理なく日々の食生活を見直しながら悪玉を減らそう!ということで注目されている食材がタマネギです。

 

タマネギには催涙物質から作られ、香り成分でもあるアリシンと、辛み成分でもある硫化アリルという成分が含まれています。これらの成分には血液凝固を遅らせ、血液をサラサラにして、コレステロール値だけでなく血糖値、中性脂肪値を低下させる作用があります。

 

ではどのように摂り入れたら効果的なのか、ということですが、望む効果によってその方法は異なります。
まず、どのように食べるにしても切った後にしばらく(15分程度)空気に触れさせることは大事です。そうすることで、栄養成分が安定して、効果を最大限に引き出すことができるのです。

 

コレステロールや中性脂肪を減らしたいなら、加熱して調理してください。血液をサラサラにするイオウ化合物は水に溶けやすいので、水にさらすと栄養が溶け出してしまうのです。
また、血糖値を下げたいのならサラダなどの生食がおすすめです。
量はだいたい50g(中ぐらいのタマネギ4分の1)くらいで良いそうなので、毎日少しずつでも続けることで効果が現れてくると思います。
毎日の手軽なひと手間で健康な体を手に入れましょう!

>>高脂血症(脂質異常症)の方に人気のサプリメント特集はこちら