バター?マーガリン?

 

コレステロールが高い人はバター・マーガリンのどちらがいいか?

 

コレステロールが人間の体内に存在するのは、それが人間にとって必要だからだと言えるでしょう。全くなくなると健康被害を引き起こします。例えば体力が低下してほかの病気にかかりやすくなることもあります。全くないのは困るのですが、増えすぎるのはさらに危険だと考えられます。肥満を引き起こしたり、糖尿病や動脈硬化などの症状を引き起こすとも考えられているからです。ですから、コレステロール値を下げる効果がある食材などを積極的にとっていくべきでしょう。例えば青魚などが挙げられます。DHAやEPAなどの脂肪酸に効果が期待されています。

 

逆に、コレステロール値の高い物質としてはどのようなものがあるのかというと、具体的にはバターやマーガリンがあります。これらはどちらも高い値を示す食品だと考えられていますが、日常的に使っている人にとっては、それを完全に避けることは難しいでしょう。量を減らす工夫をすることは大事なことだと考えられますが、体に良い方があるのなら、そちらを選ぶべきでしょう。

 

どちらかを選ぶ際に選ぶポイントの一つがトランス脂肪酸です。トランス脂肪酸は大量に摂取することによって、アレルギーやその他の病気を引き起こすことが報告されていて、アメリカではすでに規制がかかっています。日本人は脂肪を摂取する量が少ないために規制されてはいないのですが、摂取するべきではないでしょう。

 

マーガリンにはトランス脂肪酸が含まれています。これは、水素を添加して作られた人工物であるからです。人工的なものだからこそ多く含まれています。バターにも少しは含まれているようなのですが、これは天然の成分ですから健康への被害はあまり大きくないと考えられています。このような点に注目した場合、マーガリンよりもバターを選んだ方が良いと考えられます。ただ、どちらも脂肪が多く含まれる物質ですから、バターを選んだ場合でも取り過ぎないように工夫することは大事です。

>>高脂血症(脂質異常症)の方に人気のサプリメント特集はこちら