動脈硬化

 

コレステロールと動脈硬化

 

動脈硬化という病名はよく聞きますが、どんな病気?と聞かれると詳しくは説明できない人が多いかもしれません。

 

動脈硬化とは、血管の老化です。血管も加齢とともに弱っていきます。傷ついたり、しなやかさを失い老いて行きます。外からはわかりにくく自覚症状もあまりないため気がつかないで放置すると、血液の通り道が狭くなったり、つまったりして、ある日突然、心筋梗塞や脳卒中といった重大な病気を引き起こします。

 

動脈硬化の原因は、コレステロールにあります。血液中の悪玉LDLコレステロールがその大きな原因です。中でもとくに超悪玉といわれる小型LDLコレステロールが多いと、動脈硬化を起こしやすいことがわかっています。

コレステロール値が高くなくても?

大切なことは、コレステロール値が高くない人でも、動脈硬化を引き起こす場合が少なくないことです。

 

動脈硬化はコレステロール値だけでなく、内臓脂肪型肥満、高血圧、高血糖、脂質代謝異常などが複合的に重なった結果、引き起こされる症状でもあるのです。

 

血管の老化は子どもの頃からすでに始まっているのですから、40歳くらいになると、ほとんどの人の血管が動脈硬化状態だといわれます。

 

日常の生活習慣や食事に気をつけるととも、血圧測定を習慣化して自分の血管の状態を知っておくようにするといいかもしれません。

>>高脂血症(脂質異常症)の方に人気のサプリメント特集はこちら