高脂血症(脂質異常症)を改善する食材

 

高脂血症(脂質異常症)を改善する食材

 

高脂血症を改善するには、バランスのよい食生活を心がけなければいけませんが、コレステロールの排泄を促す食材を積極的に摂ることも大切となります。

<水溶性食物繊維>

納豆、モロヘイヤ、オクラ、海藻、きのこ、やまいも、果物などはコレステロールの排泄を促す効果があるとされる、水溶性食物繊維です。

 

水溶性食物繊維は糖分の吸収速度を緩やかにするので、食後の血糖値の上昇を抑えてくれます。さらに、脂肪の吸収を抑えたり血中コレステロール値を減少させる働きがあります。

 

海藻のヌメリ成分は、コレステロールや血糖値の上昇抑制作用、便秘解消、動脈硬化の予防などの作用があり、さらに、肝機能向上、抗アレルギー、血圧抑制などの効果もありますから積極的に摂りたい食材です。

<不溶性食物繊維>

水に溶けにくい繊維質で、水分を保持して便のかさを増して排便を促す作用があるほか、発ガン性物質などの腸内の有害物質を排出させる効果があります。

 

不溶性食物繊維の成分の中の、リグニンはコレステロールの上昇を抑制する作用があり、、腸内の善玉菌を増やす働きがあります。ココア、豆類、イチゴ、梨などに多く含まれています。

 

また、エビ、カニの殻などに多く含まれるキチン・キトサンは血圧やコレステロールの上昇を抑える作用があり、免疫力の向上にも効果があるとされています。

料理のポイント

高LDLコレステロールの改善は、血中のコレステロールを速やかに排泄してくれる食材をたっぷり摂る事。コレステロールは体にとって必要なものでもありますから、コレステロールの高い食品でもある程度は摂る必要があります。

 

大切なのは、コレステロールの排泄量を増やすことです。そのために、納豆、モロヘイヤ、オクラ、わかめ、きのこ、やまいも、など水溶性食物繊維を料理に使用することが大切なポイントになります。少量(小さじ1杯ほど)の油(食物油、魚)を使うことでコレステロールの排泄がスムーズになります。

 

もう一つのポイントは悪玉LDLコレステロールが増えない食事をすることです。LDLコレステロール値が高くなると、動脈硬化が心配になりますが、動脈硬化は活性酸素によって酸化LDLになった、超悪玉コレステロールです。

 

そこで抗酸化物質を摂ることで活性酸素を消滅させ、体内のLDLの凶暴化を防ぐのです。
抗酸化物質はビタミンA・C・Eとポリフェノールから摂ることができます。
ビタミンAとEは緑黄色野菜や魚、鶏肉、レバーに含まれています。食材が野菜だけの場合は、油を使って調理することがポイントです。

ビタミンCは熱や水に弱く、とりにくい成分と言われています。

野菜では、カラーピーマンやブロッコリー、じゃがいも、さつまいも、に多く含まれます。

 

果物ではかんきつ類、キウイフルーツ、イチゴ、柿に多く含まれます。
ビタミンCは一度の多く食べても、摂取後3時間で尿として排泄されてしまいます。ビタミンCは毎食でとりたいものです。

 

また、ポリフェノールは抗酸化成分の代表選手です。ポリフェノールは植物が自らの体を太陽の紫外線や外敵、活性酸素から守るために備わっている成分です。

 

野菜や果物、種実類の皮や種に多く含まれています。高脂血症の改善には毎食で摂りたいものです。

>>高脂血症(脂質異常症)の方に人気のサプリメント特集はこちら